ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME 製品情報 家庭用製品 ルームエアコン 主な特徴 主な特徴 ST, RT, TTシリーズ(2016年モデル)

主な特徴 ST, RT, TTシリーズ(2016年モデル)

気流自在。遠くへ。すぐに。思い通りのエリアを。 ST SERIES

JET運転 気流到達距離約14m(冷房時)

JET BODYからパワフルな気流を吹き出して、お部屋をくまなく快適にします。

ワープ運転 室内吹き出し温度冷房時約6度のひんやり涼風。暖房時約57度でしっかり温風。

すぐに冷やしたい・暖めたいという時に!

エリア空調 16パターンの最適な気流を選択可能!

ビーバーなら、思い通りのエリアに気流が届きます。

新冷媒R32

環境に配慮した新冷媒R32採用。

地球温暖化係数が従来(冷媒R410A)の約1/3の冷媒R32を新たに採用。地球環境への配慮を追求しました。

2016年度モデル全シリーズ(RT・TT含む)にR32冷媒を採用。

快適湿度はエアコンにおまかせ

別売の加湿器SHKシリーズとの連動運転が可能です。加湿器を併用すればエアコンの設定温度を下げても、湿度を上げることで体感温度はほぼ同じになります。

●加湿器の電気代が別途かかります。加湿器がエコ運転時には、設定湿度にならない場合があります。

roomist

  • 注1SRK40ST2で測定。リモコン設定:冷房運転(風量「JET」)、設定温度18℃でエアコンから最大14m 床上50cmの地点に風が到達することを確認(風速0.3m/s)。実使用時の到達距離は条件により異なります。(当社調べ)
  • 注2SRK40ST2で測定。当社環境試験室 洋室16畳 室内温度27℃、室外温度35℃でワープ運転(風量「自動」)を開始。ワープ運転終了直前の吹き出し温度。定格時に対する風量低下率48. 1%。使用条件により、到達温度は異なります。(22 ~ 36STは7℃)
  • 注3SRK40ST2で測定。当社環境試験室 洋室16畳 室内温度20℃、室外温度2℃でワープ運転(風量「自動」)を開始。ワープ運転終了直前の吹き出し温度。定格時に対する風量低下率 33.3%。使用条件により、到達温度は異なります。(22 ~ 36STは55℃)
ページのトップへ戻る