ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME 製品情報 業務用製品 フロン排出抑制法施行について

ページの本文です。

フロン排出抑制法施行について

2015年4月からフロン排出抑制法により点検が義務化されました

業務用空調機器・冷凍冷蔵機器をご使用の管理者(所有者)が対象です。

点検

機器点検の義務化

「簡易点検」すべての第一種特定製品について、管理者自身による簡易点検を行う必要があります。「定期点検」定格出力が7.5kW以上の場合は、有資格者による定期点検を行う必要があります。

記録

履歴の記録・保存

空調機の点検・修理やフロンガスの充填・回収などを行った際は、履歴の記録と保存が義務化されました。
※適切な管理を行う為、機器の点検・修理については記録簿に履歴を記録し、記録簿は機器を廃棄するまで保存が義務付けられました。

報告

報告の義務化

空調機からフロンガスが一定量(1,000CO2-ton/1年間)以上漏れた場合は、漏れた量を国に対して報告する事が義務化されました。

以下のような場合、所有者に罰則が科せられます。

  • フロンをみだりに放出した場合(1年以下の懲役又は50万円以下の罰金)
  • 「判断の基準」に違反した場合(50万円以下の罰金)
  • 算定漏えい量の未報告、虚偽報告をした場合(10万円以下の過料)
  • 工程管理票の交付を怠った場合(50万円以下の罰金)
  • 国から求められた「管理の適正化の実施状況報告」の未報告、虚偽報告(20万円以下の罰金)
  • 都道府県の立入検査の収去の拒否、妨げ、忌避した場合(20万円以下の罰金)

他社製品も含めておまかせください!!

対象となる第一種特定製品(冷媒としてフロン類が充填されている機器)

業務用製品

パッケージエアコン、チラー、ガスヒートポンプエアコン、ターボ冷凍機、スポットエアコン、除湿機など(画像をクリックすると製品ページにリンクします)

  • saison
  • Hyper Inverter
  • Hyper MultiLX
  • ecoターボ
  • スポットエアコン
  • 除湿機

業務用冷凍・冷蔵機器

冷蔵・冷凍ユニット、コンデンシングユニット、冷凍・冷蔵庫など(画像をクリックすると製品ページにリンクします)

  • 三菱重工冷蔵・冷凍ユニット
  • Voxcel

家庭用製品は対象外です!

家庭用製品(ルームエアコン、ハウジングエアコン、除湿機等)

  • ルームエアコン
  • ハウジングエアコン
  • Voxcel

定格出力が7.5kW以上の場合は、有資格者による定期点検を行う必要があります。

簡易点検
対象機器 すべての第一種特定製品
圧縮機の定格出力
点検者 管理者・ユーザー(専門業者に委託することも可能)
点検頻度 3ヶ月に1回以上
点検内容 [目視検査]
室外機・室内機の熱交換機および配管部分の異常音・異常振動・油にじみ・腐食・さび・傷・霜付きなど(冷蔵・冷凍機器の場合、庫内温度の確認も必要)
定期点検
対象機器 業務用空調機器 業務用冷凍・冷蔵機器
圧縮機の定格出力 7.5kW以上50.0kW未満 50.0kW以上 7.5kW以上
点検者 有資格者
点検頻度 3年に1回以上 1年に1回以上
点検内容 [直接法]
  • ・発泡液法
  • ・漏えい探知機を用いた方式
  • ・蛍光剤法
[間接法]
チェックシートを用いて、稼働中の機器の運転値が日常値とずれていないか確認し、漏れの有無を診断。
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る