ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME 製品情報 家庭用製品 ルームエアコン シリーズ一覧 耐塩害仕様室外機:ルームエアコン

耐塩害仕様室外機:ルームエアコン

耐塩害仕様室外機 TS-Sシリーズ 防サビ・耐食性に優れた室外機だから、海辺のお宅でも丈夫で長持ち!

耐塩害処理でしっかりガード

室外機の外板、内部部品に防サビ・耐食性に優れたカチオン電着塗装を採用。
熱交換器、冷媒配管、圧縮機などにも特殊加工を施していますので、海浜地区でも安心して設置できます。


外板にはサビに強い特殊塗装


防サビ・防腐処理をした熱交換器


樹脂塗装をしたプリント基板

●「耐塩害仕様」は、一般社団法人 日本冷凍空調工業会の規格(JRA9002)に基づいています。

畳数目安

耐塩害仕様室外機 TS-Sシリーズ
冷暖房時おもに
6畳 SRC22TS-S
冷暖房時おもに
10畳 SRC28TS-S
冷暖房時おもに
14畳 SRC40TS-S

ユニット寸法

耐塩害仕様室外機TSシリーズ 製品画像

耐塩害仕様室外機 TS-Sシリーズ

  • ・室外機(22・28クラス):高さ540mm×幅645(+57)mm×奥行275(+61)mm
  • ・室外機(40クラス):高さ595mm×幅780(+62)mm×奥行290(+62)mm

耐塩害仕様室外機の据付設置場所について

据付場所

潮風には当たらないがその雰囲気があるような場所

設置場所条件

  • 室外機が雨で洗われる場所
  • 潮風の当たらない場所
  • 室外機の設置場所から海までの距離が約300mを超え1km 以内にある場所
  • 室外機が建物の影になる場所

 

耐塩害仕様室外機採用時の安全に関するご注意

耐塩害仕様室外機を使用した場合でも、腐食に対しては必ずしも万全ではありません。エアコンの設置やメンテナンスに際しては下記事項に留意ください。

  • 海水飛沫および潮風に直接さらされることを極力回避するような場所へ設置してください。また、波しぶき等が直接かかる場所への設置は避けてください。
  • 外装パネルに付着した海塩粒子が雨水によって十分洗浄されるようにしてください。室外機には日除け等を取り付けないなど配慮してください。
  • 室外機底板内への水の滞留は、著しく腐食状態を促進させるため、底板内の水抜け性を損なわないように、傾き等に注意してください。
  • 海岸地帯への据付品については付着した塩分等を除去するために定期的に水洗いを行ってください。
  • 据付、メンテナンス等で付いた傷は、補修してください。
  • 機器の状態を定期的に点検してください。必要に応じて再防錆処置や部品交換等を実施してください。
  • 基礎部分の排水性を確保してください。

フロンラベルの表示について

このラベルは、フロン排出抑制法に基づく指定製品に使用されている冷媒フロンの環境影響度として用いられている地球温暖化係数(GWP)について、定められた目標への達成度を表したものです。製品を選択する時のご参考にしてください。家庭用エアコンは、出荷台数で加重平均した環境影響度として用いられている地球温暖化係数(GWP)の値が、目標年度( 2018 年度)において目標値(750)を上回らないことが、製造事業者等に義務付けられております。

フロンラベルA R32冷媒使用機種フロンラベルB R410A冷媒使用機種

お客様サポート

ページのトップへ戻る