ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME 製品情報 ヒートポンプ製品 高効率ヒートポンプ式熱風発生装置

ページの本文です。

高効率ヒートポンプ式熱風発生装置

空気熱源で熱風供給温度90℃を実現、高効率ヒートポンプ式熱風発生装置、熱Pu-ton

空気熱源ヒートポンプで90℃の供給温度を実現

特長1 60~90℃の熱風を効率的に供給します

通常の空調機と同様に、大気から熱を取り込む室外機と熱風を直接生成できる室内機で構成しており、空気熱源ヒートポンプとして90℃の熱風を供給し、効率の面でも定格条件(注1)でCOP3.5の高効率を達成しています。

ドライラミネータや食品などの乾燥温度帯60~90℃に対応。既設の乾燥装置を予熱するハイブリット方式で、90℃以上の熱風が必要となる乾燥工程にも、適用可能です。

(注1)外気温:25℃、相対湿度:70%、室内機吸込温度:20℃、吹出温度:80℃の条件における値です。

特長2 設計の自由度確保

空気熱源ですので、冷温水を循環させる配管の施工も不要で、室外機の設置自由度が高く、また室内機と室内機の冷媒配管は片道50mまで延長でき、設計自由度を確保。室内機と室外機が離れた場所での設置も可能です。

2台の圧縮機を直列に接続し圧縮機の仕事を分散することで圧縮機の損失を軽減し高効率な熱風供給運転を実現。冷媒配管長は片道最大50mまで対応可能。吹出温度を低下させないよう圧縮機の回転数を制御し、長配管時の吹き出し温度を確保。

既設熱源とのハイブリットシステムも可能

特長3 既設熱源とのハイブリッドシステム

1. ボイラー、電気ヒーターなど既設熱源と熱Pu-tonでハイブリッドシステムを組むことにより、既存の熱風システムに簡単に導入することが可能です。(図1)

図1 ハイブリッドシステム
ハイブリッドシステム

2. 既設の熱源システムに対応してデフロスト速度を調整できる制御を組込んでおり、デフロスト時の設定温度に対する温度の変動を、このデフロスト速度調整制御により極力抑えることができます。(図2)

3. 遠方発停監視キットを使用することで既設乾燥機との連動が可能です。
(SC-RCK12B、24B、100B、200B)

図2 デフロスト速度調整
設定温度に大きな変動がないようにデフロスト速度を調整します
デフロスト速度調整

特長4 優れた制御性

1. 室内機に吹出温度センサを取付け、熱風吹出温度を上限コントロール。
2. 1リモコンで16台まで接続可能で、大規模な乾燥負荷にも対応。
3. リモコン制御機能

  • 画面タッチで吹出温度上限の設定が自由
  • カレンダー機能で運転停止日設定が可能
  • ウィークリータイマーで1日のうち8パターンの運転モード※の設定。

※運転モードとは… 運転入/切、送風/加熱、吹出温度の変更

リモコン(RC-EHC)
リモコン(RC-EHC)

既存設備への実施事例

ドライラミネーター(注2)への実施事例

省エネルギー、CO2排出量削減およびランニングコスト削減ニーズの高い各業種の乾燥工程で威力を発揮する「熱Pu-ton」です。

(注2)ラミネーター:種類の異なる複数のフイルムを貼り合わせ、積層させる装置です。

蒸気ヒータ給気への余熱部に設置。省エネルギー、CO2排出量削減およびランニングコスト低減ニーズの高い各業種の乾燥工程で威力を発揮します
蒸気ヒータ対比で約50%のランニングコストとCO2排出量を削減

スプレードライヤーへの実施事例(噴霧乾燥装置)

噴霧乾燥装置のヒータ給気の余熱として「熱Pu-ton」を液状セラミックスの乾燥に適用した結果、製品の含水量、粒径とも規格内であり、乾燥システムとしても問題ないことを確認しました。

詳細はこちらへ

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る