ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ
三菱重工サーマルシステムズ

スーパーリンクⅡ

スーパーリンクシステム
  • 特長(1) 信号線 最大総配線長 従来の1000mから1500m*へ大幅アップ
  • 特長(2) ネットワークあたりの最大室内ユニット接続台数、従来の48台から128台へ大幅アップ
  • 通信速度を従来の9600bpsから38400bpsに大幅に速度を早めることにより、拡張性が大幅にアップいたしました。

各集中コントローラ単独での使用に加えて、コントローラの組み合わせ使用により
多彩なシステム展開が可能です。

三菱重工が誇る先進の高速伝送方式「スーパーリンク®IIコントロールシステム」は、最大128台の室内ユニットや全熱交換器ユニットなどの空調機器をネットワーク。大規模ビルから中小規模のビルまで広範囲に渡って、用途の異なるビル管理ニーズにフレキシブル対応する集中制御システムです。

きめ細かな操作や管理を実現するためのコントローラおよび管理システムの機器群を豊富に設定。通信機能を拡張するインターフェイス機器も充実化させています。また、スーパーリンク®IIは、無極性2線式を採用して工事費用や配線シャフト面積を大幅に低減。ビル管理コンピュータへのアクセスも容易に行えるなど業界トップクラスの省力・省工事性を誇っています。

新集中コントローラは従来のスーパーリンク対応機器とも接続可能です。ただし使用制限は従来通りとなります。
(最大総延長1000m ネットワークの最大接続台数48台)

コントローラの組み合わせ使用によるシステム展開例
コントローラの組み合わせ使用によるシステム展開例

各集中コントローラ単独での使用に加えて、コントローラの組み合わせ使用により
多彩なシステム展開が可能です。

三菱重工が誇る先進の高速伝送方式「スーパーリンクRIIコントロールシステム」は、最大128台の室内ユニットや全熱交換器ユニットなどの空調機器をネットワーク。大規模ビルから中小規模のビルまで広範囲に渡って、用途の異なるビル管理ニーズにフレキシブル対応する集中制御システムです。

きめ細かな操作や管理を実現するためのコントローラおよび管理システムの機器群を豊富に設定。通信機能を拡張するインターフェイス機器も充実化させています。また、スーパーリンクRIIは、無極性2線式を採用して工事費用や配線シャフト面積を大幅に低減。ビル管理コンピュータへのアクセスも容易に行えるなど業界トップクラスの省力・省工事性を誇っています。

新集中コントローラは従来のスーパーリンク対応機器とも接続可能です。ただし使用制限は従来通りとなります。
(最大総延長1000m ネットワークの最大接続台数48台)

コントローラの組み合わせ使用によるシステム展開例
コントローラの組み合わせ使用によるシステム展開例

新デザインで高機能、操作利便性を向上させた新型リモコン

ドット液晶や日本語表示など見やすく操作性が向上。また試運転時やサービス時の運転チェックやデータ提出が便利になり、多機能・高機能化を図っています。

新型リモコンRC-D3

わかりやすい表示と使いやすい操作性

見やすい大型液晶ドットの採用

デザインを一新した新型リモコンには、ドット液晶を採用し、画面に表示される設定内容や運転データ、異常内容がいちだんと見やすくなりました。

配線納まり取出位置改善

識別しやすい日本語表示

設定温度や風量、運転モードをドット液晶による日本語表示で見ることができ、運転状況が一目でわかります。

視認性の向上

ゴムスイッチでタッチ感向上

操作スイッチをゴムスイッチ化し、タッチ感覚を改善しています。

吸込温度の補整機能

室内ユニットの吸込温度を±2℃、±1.5℃、±1.0℃補正します。

機能性もさらに向上

累積機能でメンテナンスチェック

異常発生時の運転データを保存し、リモコン表示をするため、修理の対応が容易になりました。また、エアコン使用開始時からの累積運転時間や圧縮機運転時間をリモコンに表示するため、サービスやメンテナンス(熱交洗浄)などの目安となります。

設定温度範囲を変更可能

設定温度の上限及び下限について個別に設定が可能です。設定温度の範囲を調整することにより、冷やし過ぎ、暖め過ぎを防止し、省エネ運転に繋がります。

変更可能範囲
上限値 22~30℃(暖房時有効)
下限値 18~26℃(暖房以外時有効)

ウイークリータイマ機能を標準装備

1週間の運転予約を可能にしたウイークリータイマ機能を標準装備。また、1日4回の運転/停止時刻の設定が可能です。表示は「午前」「午後」の12時間表示となります。(温度設定もタイマで可能)

タイマ設定例

オプションモード設定が可能

従来、室内基板やリモコン基板のジャンパ線やディップスイッチにより設定していた機能設定をリモコンの操作スイッチで設定可能になりました。

  • 高天井モード
  • ファンタップ数
  • フィルタサインの有無
  • リモコンセンサの設定
  • ラクリーナ昇降長設定など

リモコンセンサによる室温コントロール

リモコンセンサ

センサ感温部をリモコンケースの上方部に配置し、スリットを十分に確保。リモコンセンサ検知温度の感度を向上させ、空調フィーリングがさらに向上しました。

消し忘れ防止タイマー機能

1回の時間タイマ設定で、運転の都度毎回設定した時間後に停止。消し忘れ防止が可能です。

0.5℃刻みでの設定可能

0.5℃単位での設定が可能となり、より細かいコントロールが可能となりました。

室温表示の選択可能

室内吸込温度の表示選択が可能となりました。

お問い合わせ・サポート

ご購入について

アフターサービス・サポート

取扱説明書・資料関連

法人のお客様