ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME 製品情報 業務用製品 ビル用マルチエアコン ハイパーマルチLX5

ページの本文です。

ハイパーマルチLX5

高効率ビル用マルチ Hyper Multi LX5

大容量&省スペースを極めた新シリーズ 設計自由度がさらに拡大されました

LX5 series

業界トップクラスの高APF(注1)

全機種業界トップクラスのAPF

馬力 APF2015 APF2006
10 5.1 5.1
12 5.4 5.1
14 5.2 4.9
16 4.9 4.7
18 4.6 4.5
20 5.1 -

(注1)APF2015はJIS B 8616:2015に基づく値です。APF2006はJIS B 8616:2006に基づく値です。

大容量シングル20馬力を追加(設置床面積は業界最小)

20馬力登場により省スペース化を実現

従来のハイパーマルチLX4型において20馬力を実現するには、10馬力シングルユニット2台の組み合わせのみの選択でした。
ハイパーマルチLX5型では、20馬力シングルユニットを新しくラインアップに追加致しました。
このことにより20馬力をシングルユニット単体のみで実現することができ、さらに組み合わせ自由度が拡大致しました。

■設置床面積の比較

設置床面積の比較

大容量化 20馬力から54馬力をラインアップ

大容量マルチシステムの市場ニーズに対応するため1系統で最大54馬力組合せが可能なマルチシステムを開発。
室内ユニット接続台数最大80台を実現。中・大規模ビル空調システムへ柔軟な対応を可能にしました。

■LX5型組合せマルチ母形展開一覧

馬力 2台 組合せ形式 組合せ
20HP 小小 FDCVP5605HLX FDCP2805HLX
FDCP2805HLX
22HP FDCP6155HLX FDCP2805HLX
FDCP3355HLX
24HP FDCP6705HLX FDCP3355HLX
FDCP3355HLX
26HP 小大 FDCP7305HLX FDCP3355HLX
FDCP4005HLX
28HP 大大 FDCP7755HLX FDCP4005HLX
FDCP4005HLX
30HP FDCP8505HLX FDCP4005HLX
FDCP4505HLX
32HP FDCP9005HLX FDCP4505HLX
FDCP4505HLX
34HP FDCP9505HLX FDCP4505HLX
FDCP5005HLX
36HP FDCP10005HLX FDCP5005HLX
FDCP5005HLX
38HP FDCP10605HLX FDCP5005HLX
FDCP5605HLX
40HP FDCP11205HLX FDCP5605HLX
FDCP5605HLX
馬力 3台 組合せ形式 組合せ
38HP 小小大 FDCVP10605HLX FDCP3355HLX
FDCP3355HLX
FDCP4005HLX
40HP 小大大 FDCVP11205HLX FDCP3355HLX
FDCP4005HLX
FDCP4005HLX
42HP 大大大 FDCP11805HLX FDCP4005HLX
FDCP4005HLX
FDCP4005HLX
44HP FDCP12205HLX FDCP4005HLX
FDCP4005HLX
FDCP4505HLX
46HP FDCP12805HLX FDCP4005HLX
FDCP4505HLX
FDCP4505HLX
48HP FDCP13605HLX FDCP4505HLX
FDCP4505HLX
FDCP4505HLX
50HP FDCP14005HLX FDCP4505HLX
FDCP4505HLX
FDCP5005HLX
52HP FDCP14505HLX FDCP4505HLX
FDCP5005HLX
FDCP5005HLX
54HP FDCP15005HLX FDCP5005HLX
FDCP5005HLX
FDCP5005HLX

■室外・室内ユニットの組合わせ(台数・容量)

室外ユニット
容量
室外ユニット
組合せパターン
室内ユニット
接続台数(台)
室内ユニット合計
接続容量範囲
280 単独 1~16 140~364
335 単独 1~19 168~435
400 単独 1~23 200~520
450 単独 1~26 225~585
500 単独 1~29 250~650
560 単独 1~33 280~728
560 組合せ(280+280) 1~33 280~728
615 組合せ(280+350) 2~36 308~799
670 組合せ(335+335) 2~39 335~871
730 組合せ(335+400) 2~43 365~949
775 組合せ(400+400) 2~45 388~1007
850 組合せ(400+450) 2~50 425~1105
900 組合せ(450+450) 2~53 450~1170
950 組合せ(450+504) 2~56 475~1235
1000 組合せ(500+500) 2~59 500~1300
1060 組合せ(500+560) 2~62 530~1378
1060 組合せ(335+335+400) 2~62 530~1378
1120 組合せ(560+560) 2~66 560~1456
1120 組合せ(335+400+400) 2~66 560~1456
1180 組合せ(400+400+400) 3~69 590~1534
1220 組合せ(400+400+450) 3~72 610~1586
1280 組合せ(400+450+450) 3~75 640~1664
1360 組合せ(450+450+450) 3~80 680~1768
1400 組合せ(450+450+500) 3~80 700~1820
1450 組合せ(450+500+500) 3~80 725~1885
1500 組合せ(500+500+500) 3~80 750~1950

■分岐管・ヘッダーセット

下流の合計容量 分岐管セット ヘッダーセット
形式 分岐数
~180未満 DIS-22-1G HEAD4-22-1G 最大4分岐
180以上~371未満 DIS-180-1G HEAD6-180-1G 最大6分岐
371以上~540未満 DIS-371-1G HEAD8-371-1G 最大8分岐
540以上 DIS-540-2G HEAD8-540-2G 最大8分岐

■組合せ室外ユニット用分岐管セット

室外ユニット 分岐管セット
2台用(560~1000用) DOS-2A-2
3台用(1060~1500用) DOS-3A-2

余裕の長配管で設計自由度と施工性を向上

余裕の長配管で設計自由度と施工性を向上

機外静圧を50Paから最大85Paへ拡大

業界トップの高静圧仕様
設置場所のニーズを柔軟に対応できます。

機外静圧を50Paから最大85Paへ拡大

耐久性向上・機器の長寿命化を実現

圧縮機のローテーション機能(14馬力以上)

圧縮機を2基搭載した室外ユニットにおいては、自動交互運転機能を搭載、運転時間の平準化を実現し室外ユニットシステムとしての長寿命化を実現致します。

■ローテーション機能

ローテーション機能

均油制御機能を搭載

三菱重工独自技術(14馬力以上)

圧縮機を2基搭載する室外ユニット、または複数台室外ユニット間において複数の圧縮機内の油面の不均衡を三菱重工独自の制御パターンで調整して稼働率平準化を実施、ユニット本体の性能保持と長寿命化を実現致します。

均油制御機能を搭載

スクロール圧縮機の低圧ハウジング化を実施(10馬力以上)

圧縮機のハウジングに掛かる圧力を限界まで下げました。
その結果、回転フリクションロスを抑制して、モータ周りの低温化が実現し圧縮機の長寿命化につながります。

冷房の使用温度範囲を43℃DB→46℃DBへ拡大

過酷な室外温度条件でも安定した冷暖房運転を実現

冷房運転の下限運転は-5℃DBまで可能。暖房運転は-20℃まで運転が可能です。

冷房の使用温度範囲を拡大

(注)室外乾球温度(冷房時)が43℃超で使用する場合は据付スペースが異なります。

■マルチLX5シリーズ使用範囲

マルチLX5シリーズ使用範囲 冷房

マルチLX5シリーズ使用範囲 暖房

サービス性を向上

コントローラBOXの観音扉化(上吹仕様10~20馬力)

従来、性能保持の配慮から室外ユニット内の入組んだ場所に取り付けてあったコントローラBOX(制御基板・電源基板など)を、性能保持はそのままに観音扉式とすることでサービスメンテナンス性を著しく向上致しました。

コントローラBOXの観音扉化(上吹仕様10~20馬力)

チェック運転機能搭載

操作弁の開閉や冷媒配管・信号線の誤配線、室内膨張弁の故障など室外ユニットの基板設定で簡単に確認することができます。

◎操作弁開閉
◎冷媒配管、信号線、誤配線
◎室内膨張弁故障

好評の7SEG表示機能を踏襲

各種運転データをデジタルで表示する7SEG表示機能を搭載。
高照度発光LEDで視認性に優れるほか、計器等を必要とせず作業時間短縮に非常に有効な機能です。

好評の7SEG表示機能を踏襲

圧縮機バックアップ運転機能(14馬力以上)

圧縮機を2基搭載したユニットで、万が一、片方の圧縮機が運転不能になってももう片方の圧縮機の応急運転が可能です。

圧縮機バックアップ運転機能(14馬力以上)

(注1)室外ユニットの制御内容は基板上のディップスイッチ[SW3-2]をONすることで切換えが可能になります。
(注2)応急運転のため出来るだけ早く修理をしてください。

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る