ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME 製品情報 業務用製品 ビル用マルチエアコン FDE、FDES

ページの本文です。

FDE、FDES

天吊形 FDE 天吊耐油形 FDES

天吊形 FDE

ラクリーナパネル昇降長を拡大(オプション)

フィルタ清掃にとても便利

昇降長さを従来の1.6メートルから4メートルまで拡大し、高天井設置でもフィルタ清掃がより一層ラクに行えるようになりました。

(注1)ラクリーナパネルを取り付けた場合には、冷媒配管及びドレン排水の右抜き・左抜きはできません。

(注2)ラクリーナパネル昇降専用リモコン(CRC-L)もご用意しています。

CRC-Lをご使用の場合は、ワイヤレスリモコン(RCN-D5)と受信部(LA-E)が別途必要です。

ラクリーナパネル昇降専用リモコン(CRC-L)

昇降専用リモコンCRC-L

従来1.6mから4m

フリーフロー

お部屋の環境に合わせた自在な風が選択できます。

吹出し気流を自在にコントロールできます。

ルーバ風向き設定モードで上限位置と下限位置を設定すれば、その範囲内で作動します。

また、天吊形全機種に渡り風の到達性を改善(注1)しています。

(注1)冷房時の風速が1m/sec時の仕様です。
(注2)フリーフローはFDESには対応していません。

freeflow

人感センサ対応で快適性・省エネ性向上(オプション)

人感センサ

型式:LB-E

ワイヤレスリモコンと人感センサを併用する場合や、人の活動範囲の近くで人感センサを使用する場合は、別置形の人感センサを使用してください。
※P224,P280を除く
※4LXB形を除く

人感センサ(イラスト)

施工性の向上

ユニット内臓型高ヘッドドレンポンプ(揚程500mm)(オプション)

ユニット天面から500mm以下

配管抜き方法を(後・右・上)から選択可能

配管抜き方法を(後・右・上)から選択可能

電装部の下方スライド機構

周辺部分の脱着が不要になり基板交換等が簡単に行えます。

電装部の下方スライド機構

天吊耐油形FDES

外気導入用口を装備

ユニット背面にφ150の外気導入口(2箇所)を用意

外気導入の必要性に考慮してユニット背面に外気取り入れ口を用意。

また、外気取り入れ口は、従来機のSUS製から鋼板製に変更して施工性を向上しています。

ユニット背面

ユニット背面

スポット吹出機能

ユニット前面両サイドにφ125のスポット吹出口を用意

メイン送風口の両サイドにスポット吹出口を用意。

全体空調とスポット空調の同時使用が可能です。

φ125のスポット吹出口を用意

開放された空間をピンポイントに空調可能
(吹出用フレキシブルダクトはオプション)

ユニット天面の隙間を無くし埃だまりを解消

ユニット天面をフラット化して天井面との隙間を排除。

長時間の使用でもユニット上面に埃だまりができないよう衛生面にも配慮した形状にしました。

ユニット天面の隙間を無くし埃だまりを解消

ユニット内にドレンポンプ内臓が可能

ドレン揚程300mmのドレンポンプをオプションで用意。

ドレンポンプは、施工性、デザイン性に考慮して内蔵タイプとしております。

内臓式ドレンポンプ(オプション)

内臓式ドレンポンプ(オプション)

アルミ製フィルタ採用

8層構造のアルミ製フィルタ

8層構造のアルミ製フィルタ

油煙をしっかりキャッチするアルミウール製フィルタは、耐熱温度300℃で油とチリ、ホコリの混じった汚れが熱湯洗浄で簡単に落とせて繰り返し再利用が可能です。

フィルタは前面スライド式により取外しも簡単です。

ドレン配管口径をVP25へアップ

ドレン配管をVP20からVP25へ大口径化して、詰まり防止性能を向上。また、着脱容易なねじ込み式の採用と、0.2mのドレンホースをユニットに同梱して施工時間の短縮を図りました。

簡単メンテナンス

簡単メンテナンス

1.ファンモータ交換
2.送風ファンの交換
3.制御基板の修理、交換
4.熱交換器の汚れ状態の確認

部品交換(1~4)など、ほとんどのメンテナンスがユニット下面から実施可能。迅速なサービスを実現します。

機器据付場所選定上の注意次の場所への設置は、機器故障の原因となる場合がありますので設置を避けてください。

・水蒸気・油・粉などを直接吸い込む恐れのある場所。
・油煙(機械油・動物性油・植物性油など)、蒸気の多い場所。
・硫化ガス(温泉地区など)の多い場所。
・食酢など、酢酸を使用する食品加工工場など。

・肉類・魚介類・揚げ物などのアンモニア系ガスが発生する食品加工工場など。
・酸性またはアルカリ性の腐食性ガスが発生する場所。
・食品加工工場などで次亜塩素酸ソーダを使用する場所。

関連リンク
ページの先頭へ
ページのトップへ戻る