ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニューへ フッタへ
メインメニューです。

 

HOME 製品情報 給湯・温水ヒートポンプ 業務用CO2給湯機(キュートン) ヒートポンプ給湯の仕組み

ページの本文です。

ヒートポンプ給湯の仕組み

空気の熱を水に伝えて給湯します。

  • (1)空気中の熱を冷媒が吸収します。
  • (2)圧縮機(コンプレッサ)で圧縮されてさらに高温になります。
  • (3)高温の冷媒が熱を伝えて、水を設定温度に沸かします。
  • (4)熱を放出した冷媒が、再び熱を吸収しにいきます。

ヒートポンプってなに?

ヒートポンプとは温度の低い所から高い所へ、熱を移動させる仕組みです。ヒートポンプ搭載エアコンでは冷媒を経由して室外の空気から集めた熱を室内に放出することで暖房を、室内の空気から集めた熱を室外に放出することで冷房を行います。

温度の低い所から高い所へ熱を移動

CO2ヒートポンプ給湯とは

CO2冷媒ヒートポンプの原理を利用し、空気から集めた熱をCO2冷媒に伝え、さらにコンプレッサで圧縮し高温にした上で水に伝えることで、お湯を沸かします。

「高効率」が最大のメリット

Technology for EcoCO2冷媒のヒートポンプ給湯機は、ヒートポンプの原理を最大限活用することで、燃料が持つエネルギーよりも大きなエネルギーを得ることができます。従い、燃焼式給湯機と比べて同じ投入エネルギーでより大きな熱エネルギーが取り出せ、ランニングコストの大幅削減が可能です。高い省エネ性でCO2排出量も大幅削減。更に、自然冷媒を使用することでオゾン層破壊係数もゼロ。

ランニングコストを削減したい、こんな業種、用途におススメ

厨房等:100席以上のレストラン、結婚式場の厨房、デイケア施設等給食センター、学校・病院・社員食堂の厨房 浴場施設等:病院・老人介護施設・グループホーム、観光ホテル・旅館浴場施設、社員寮・厚生施設・スーパー銭湯、ビジネスホテル

三菱重工の開発コンセプト

従来のヒートポンプ給湯機には「寒さに弱い」という課題が… 圧倒的な高性能、高効率 -25℃→90℃ -25℃までの極寒条件でも90℃熱湯給湯可能。年間加熱効率3.9

ページの先頭へ
ページのトップへ戻る